ブログトップ

Green-House へようこそ

『 しあわせはいつもじぶんのこころがきめる 』




昨日はお友だちのお宅で、それはそれは楽しい時間 ♡ を過ごしました。

お友だちといっても、一昨年担任をさせていただいた生徒さんのお母さま(*^_^*)


高3の時に担任をしました。
「お子さんが卒業していずれ私が仕事を辞めたら、その時は保護者と教員という関係ではなく、子育てに悩んだり喜んだりする母親、日々の暮らしを楽しく生きようとする女性としてお付き合いしましょう。」と約束していました。

教員として接するときは、信頼関係を築くことが何よりも大事。
でも、決してお友だちになることはありません。
必要だと思うことは提案し、言うべきことは言う、強い気持ちを大切にしてきました。
あくまでも大切なお子さんをお預かりする、仕事としての立場を忘れてはいけないのです。



手作りのアイデアが溢れる彼女の最新作は・・・

お弁当のティッシュケース\(^o^)/

e0262257_21185725.jpg


濃淡の色のフェルトを重ねた卵焼き
ひじきの煮物
シューマイも美味しそう~~

以前いただいた「食べられないケーキ」シリーズ→


お子さんの介護などで日々慌ただしく過ごす中、睡眠時間を削っても創作を止めることはありません。

そして、可愛いもの、楽しいもの、面白いもの、わくわくするもの、彼女の感性にビビッとしたものがお家の中にたっくさ~~ん!!

写真に撮りたいものはたくさんあったのですが、今回はこれを・・・

e0262257_21182221.jpg

食玩?といわれる、ちっちゃなおもちゃ。

でも小ささがわかりませんよね。
そこで、ブームになる前から集めていたという、フチ子さんに登場してもらいました。

e0262257_21183200.jpg

あ、ポッチャリーナさんもいます。
私自身はものを集めることにあまり興味がなく過ごしてきました。

でもすごく面白いです。

他には・・・

e0262257_21183940.jpg

これは駄菓子屋さんシリーズかな^^
フチ子さん、色っぽいですね(笑)


そして、学校関連グッズも~~

e0262257_21184836.jpg

よくこんなに集めたものです(*^^)v


次々と尽きることなく話が弾む中、私がとても心に残ったお話は・・・

彼女が若い頃から親しくしていた友人が、20代半ばのときいろいろあって、以来ずっと疎遠になっていたとのこと。
その後、ご友人も波乱万丈を乗り越えて、20年ぶりくらいに何故か最近連絡が来て、家に訪ねてこられ再会したそうです。

現在の彼女の生活に触れて、さかんに「大変ね~、大変ね~」と言われたけれど、「自分では、大変と言われる意味がよくわからないのよね。」と彼女。

もし大変かどうかと聞かれたら、例えば睡眠時間が思うように取れなかったり、自由に外出する機会の少なかったりと、傍目から見たらそう思われるかもしれません。

でも、不幸ではありません。

『 しあわせはいつもじぶんのこころがきめる 』

この相田みつをさんの言葉を実践している彼女に、学ぶことが多い私です。

by mayuminn620 | 2015-07-15 22:26 | お出かけ | Comments(0)