ブログトップ

Green-House へようこそ

グスタフスベリ へ  <スウェーデンの旅 4日目>


今日はまたまた電車とバスに乗って、郊外へ・・・
Gustavsbergs(グスタフスベリ)を目指します。

ガイドブックには、『地下鉄スルッセン駅前のバス停から市バス474番に乗って30分、
Faretaviken(読めません^^)下車徒歩3分』と書いてありました。

今日は楽勝~と思って、出発!!

スルッセンはストックホルム中央駅から2つめ。
なにしろスウェーデン語の表示しかないので、人の流れにのって階段を上がり改札を出ました。
普通そこにバスターミナルがあると思いますよね~
ええ、もちろんいくつかバス停がありました。

が、しかし、474番がどこにも無い!どうしても無い!
他のバス停で待っている人に尋ねても、よくわからないらしいのです。
何人か聞いて回って、交通整理をしている女性がようやく知っているらしく、
あっち行って、階段下りて、ぐるっと左に回って~みたいなことを教えてくれました。

わかる範囲でやってみましたが、見つかりません。トホホ・・・

30分以上うろついた揚句、半分あきらめかけて、もう一度駅に戻りました。
改札口にいた駅員さんに必死に「474番のバス停を探してるんですーー」と訴えたら、
改札の中を指さして、「あんたがさっき降りた電車のプラットフォームをダウンして、またダウンして、そしたらバスターミナルがあるよ。」というようなことを言ってくれました。(たぶん。。)

改札の中に入れてくれたので、半信半疑でダウンしてまたダウンして、でも出口らしきものは見当たらず、
また行ったり来たり・・・
でも別の電車が到着して、何人かが端っこのドアから出ていくのを見て真似しました。

すると、そこは、地下の暗いバスターミナルだったのです。
なんてわかりにくいんだーーー!!

やっとバスに乗れました。
問題のバス代も72時間ツーリストカードでOKでした。\(^o^)/

e0262257_22303173.jpg

ここはスウェーデンの磁器ブランド、グスタブスベリの工場があり、博物館やいくつかのブランドのアウトレットショップもあります。

e0262257_22305052.jpg

びっくりしたのはイッタラのアウトレットショップ。
e0262257_22491185.jpg

どう見ても、横浜の百貨店の食器売り場に置いてあるものと変わらない品が、嘘みたいな値段で並んでいます。
以前から欲しいと思っていたTsaikkaのホルダー付きグラスも、5分の1の値段。
8コも買ってしましました。
重ささえ気にしなければ、もっといろいろ買いたかったのですが、すでにこれまでも食器を買っていて・・・
帰りの飛行機のスーツケースの重さが気になりました。

e0262257_22312947.jpg

グスタブスベリのアンティークのカップ。本当に可愛らしい柄です。復刻版が出たら買いたいくらいです。

なぜか 『非売品』 と日本語の張り紙が!
久しぶりに見た日本語です。きっと日本人の観光客が、買えないのか?と頻繁に聞くからでしょうね。。

e0262257_22311541.jpg

グスタブスベリのアウトレットはあまり品質がよろしくなく、私は何も買いませんでした。

e0262257_22315406.jpg

港に面したカフェで一休み。
e0262257_22321628.jpg



e0262257_22413747.jpg


ゆったりとした時間が流れます。

e0262257_22415738.jpg



e0262257_22421913.jpg

帰りはな~んの問題もなく、帰って来れました(笑)



by mayuminn620 | 2014-07-19 08:00 | 旅行 | Comments(0)