薔薇吹雪~


e0262257_23425201.jpg

昨日の雨と今日の雷雨で、バラは一気に散り始めました。
これから夏にかけて、切り戻した枝からまた少しずつ咲いて当分は楽しませてくれますが、
これほど咲き競う姿は、また来年まで待つことになります。

今日は10年以上一緒の職場で仕事をしていて、同時に卒業した友人が遊びに来てくれました。
本当はテラスでランチをしようとセッティングをしていたのですが、
昼前に東の空が急に暗くなったかと思うと突然の雷雨で、あわてて撤収しました。

彼女も私も、夢を追いかけ続ける娘をもっている、という共通点があります。
もちろん心から応援している。
でもそろそろ自立して生きてほしい。

痛む前に切り取ったバラの香りに包まれながら、話の花を咲かせた午後でした。

e0262257_23431752.jpg



# by mayuminn620 | 2014-05-23 00:21 | 日々の暮らし | Comments(0)

きっかけ



もう少し満開のバラを楽しみたかったなあ~

激しい雨音を恨めしく感じながら、今日は一日パソコンの前に座り、
今までのたまりにたまった写真のデータの整理をしていました。
カメラに全く興味の無かった私。
数年前まではまさか自分が一眼レフカメラを手にするなんて思いもしませんでした。
(パソコンを含め、機械的なものが大の苦手なもので。。)

きっかけはオーロラです。
一度は見てみたいな――と憧れていました。
今から5年前の冬、思い切ってアラスカに行くことにしました。
どうせ行くならオーロラの写真を撮りたいと思いましたが、デジカメでは難しいらしいということがわかりました。
現在は性能の良いデジカメがあって不可能ではないとのことですが、当時は厳しかったのです。

では何で撮るのか・・・
えっ?一眼レフ?
一眼レフカメラって、何??  そんなレベルでした。

するとなぜか我が家に、夫がほとんど使わなかったカメラがありました。
  キャノンのKiss N
今では倍以上の重いカメラを平気で持ち歩いているのに、当時はその重さにびっくりしました。
無謀にもそのカメラを持ってアラスカへ。

何が何だかわからない私に、旅先で出会ったオジサマ方はとても親切に、手取り足取り教えてくれました。
マニュアルにして、バルブにして、20秒から40秒くらい開けてなどなど・・・
今でこそ何のことだかわかりますが、その時はもう必死でした。

e0262257_20041181.jpg


構図もなっていないし画像も荒く、きれいとは言い難いですが、私にとっては思い出の写真です。

帰国して、せっかく手にしたカメラだから、もう少しだけやってみようと思ったのです。
写真を始めて、世界が広がりました。




# by mayuminn620 | 2014-05-21 20:17 | 写真 | Comments(0)

夢のつづき


バラの種類はいろいろありますが、私のお気に入りはセバスチャン・シュナイプ。
蕾の時は清楚なピンクいろをしています。
可愛らしいカップ咲きになり、すっかり開くとほんのり薄くピンクを残しながら、美しい白になります。
e0262257_13580209.jpg
コテージローズも濃い桃色から明るいピンク色に変わっていきます。
イングリッシュローズ系の特徴でしょうか。
一種類の花の群れなのに、濃淡が生まれることによってより華やかになります。

3月まで一緒に仕事をしていた同僚?後輩?たちが、土曜日に我が家に遊びに来てくれる予定です。
年齢は親子ほど離れていても、一緒に考えたり、悩んだり、喜んだり、嘆いたり(笑)・・・
私は彼女たちから若々しい情熱と行動力を学び、
彼女たちは少し人生の先輩の私の言葉に、真摯に耳を傾けてくれました。

バラと同じように、いろいろな人がいて人生は彩られるのかな~なんて思ったりします。

セバスチャン・シュナイプにコテージローズとテッセンの花を添えて、アレンジしてみました。
和の花を加えても、自然のハーモニーが生まれますね。

e0262257_14445859.jpg


# by mayuminn620 | 2014-05-20 14:46 | 日々の暮らし | Comments(0)