ブログトップ

Green-House へようこそ

<   2014年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

相棒



明日はちょっと頑張りたいミッションがあるので^^
今日はおとなしく家事をこなしました。

疲れてきたので、久しぶりにぐりとぐらに遊んでもらいました(笑)

e0262257_14562034.jpg

10年程前、作り方が載っている本を見ながら制作しました。
頭や手足、しっぽは、一組の軍手でできています。
苦労したのは、何と言っても頭の形。
「レモンのような形にしてください。」と軽く書いてありましたが、いやいや難しいこと!
そして顔の表情も目の位置が少し違うだけで、全く可愛くなくなってしまうので、本当に大変でした。

ぬいぐるみも人形作りも一切したことがなく、初の挑戦でした。
たぶんこれが最初で最後の手作りものです。

実は私は手作り系があまり得意ではありません。というか、好きじゃない・・・(カミングアウト~~)
材料をそろえて、切って、組み合わせて、ってやっているうちに飽きてきてしまうのですね(>_<)
フラワーアレンジメントのように、一気に集中して作り上げるのは大好きなのですが・・・
   ―だから何でも器用に作ってしまう娘が、私から生まれたとは信じられません。

でもこの子たちにはずいぶん助けられました。
困ったときのぐりとぐら、だれでも大好きぐりとぐら~♪

ちゃんと自分で立っています。
ほらね!!

e0262257_15251395.jpg
おなかの中には、押すとキュッキュッと音が出るように「鳴き笛」と言われるものも入れてあります。
黄色い糸を使わず白糸で縫ってあるところが、雑な私らしい(恥)

e0262257_15371128.jpg
こんなところでも似合うし、

e0262257_15384980.jpg
こんなシックな場所にも似合います。
ぐりとぐら尽くし・・・少々くどかったですね^^

by mayuminn620 | 2014-05-31 15:45 | 日々の暮らし | Comments(0)

確かなもの


一か月前にオーダーしていたパンプスが出来上がったので、受け取りに行きました。
数年前から年に2足ほど、銀座のかねまつで作ってもらっています。

形や色、素材、かかとの高さなど自分で組み合わせて選べるので、好みのものを手に入れることができます。
でも一番の理由は、自分の足に合った靴を作ってもらえること。

靴では本当に苦労しました。
足の甲が高く幅が狭いので合う靴がなく、随分痛い思いをしてきました。
甲の部分に厚めにクッションを入れてもらったので、足が前にずれにくくなりました。
長く履けることを思うと、高級ブランド靴より安いと思います。


e0262257_15561403.jpg
私にしてはちょっとあまい感じのベージュのパンプス。
リボンはスウェードのピンク、バックルはパールベージュです。
季節外れになりましたが、春になったら最初に履きたい一足です。


e0262257_15563200.jpg

これはフォーマルなシーンにも合わせられるように・・・
つま先は濃いチャコールグレーのエナメル、黒の部分は少しパールが入っています。
かねまつのパンプスは、美しいフォルムだな~と思います。

自分だけの、自分に合ったものを手に入れるのは、贅沢なことかもしれません。
たくさんのものを見てきて、いっぱい失敗して、だからこそ確かなものを傍に置きたい。
そういうことが許される年齢になったかな~~~と思っています。


by mayuminn620 | 2014-05-30 16:35 | 日々の暮らし | Comments(0)

学ぶこと


昨日は銀座にあるEOS学園のポートレート講座に行ってきました。
今回も土屋先生の熱血指導を受けました。
ポートレート写真の勉強を始めて7~8か月。
なかなか上達しない・・・
センスのある人は見る見るうちにいい写真を撮っていくけれど、私は一歩進んで、一歩下がる(笑)

前回実習で撮った写真の講評会。
持っていく前から今回はだめだな~~と覚悟はしていたもの・・・惨敗(涙)
いくつかの要因は自覚しています。
反省して、さあ前へ!!
まだまだこれから!!!   (・・・だと思いたい。)

モデルの 早崎 ひかり さん
ご本人と事務所の社長さんに許可をもらって、ブログに載せます。
熊本から上京してきたばかりの、初々しい女子大生。
次回はもっともっと魅力を引き出せるようにがんばりますね ♪


e0262257_11004453.jpg
e0262257_11040002.jpg
e0262257_10520297.jpg



by mayuminn620 | 2014-05-29 11:06 | 写真 | Comments(0)

アンと私 ♪


e0262257_15130717.jpg

私たちの年代では「赤毛のアン」に夢中になった人と、全く興味の無かった人、二通りに分かれるような気がします。
私は中1の時に手にして以来、ずっと大好きでした。
話の舞台になったプリンスエドワード島が実在すると知って、いつかは訪ねてみたいと熱望!していました。

数年前まさに希望にぴったりのツアーを発見しました。
申し込み、いざゆかん!!とした時、新型インフルエンザが北米で大発生して・・・
夫の大反対にあい、泣く泣く断念しました。

そうこうしているうちにこのブーム。
旅行代金もうなぎ上りのようです。

私は「赤毛のアン」の物語の面白さや魅力的な登場人物、心に響く言葉はもちろん大好きですが、
一番惹かれるのは、そこに描かれている自然の美しさなのです。
様々な豊かな表現で描写されている自然は、本当にこの世の中にあるのだろうか?
一度行ってみたい、感じてみたいとあきらめず思い続けています。

昨日、日本橋三越で開催されている ~赤毛のアン展~ に行ってきました。
正直に言って、想像していたのとはちょっと違った催しでした。
もっとプリンスエドワード島の美しい自然やグリーン・ゲイブルズのアンの部屋の再現など、
プチ旅行の気分が味わえるかと思ったら・・・

作者のモンゴメリや、訳者の村岡花子さんの生涯の作家展でした。
興味深く展示を見ましたが、一番長く足を止めたのは、吉村和敏さんの写真上映でした^^

e0262257_15133295.jpg



e0262257_15135851.jpg

お土産物もたくさんありましたが、私にはあまり欲しい物は見当たらず、そしてお高い!
結局このブックエンド(ひとつ600円)2個とラズベリーの蜂蜜を買いました。
この瓶のラベルも、もうちょっとおしゃれだったらいいのになあ~なんて。

昨日は最初に新宿のフォトギャラリーへ、川合麻紀先生の指導を受けているEP会写真展を見に行き、
「赤毛のアン展」の後は、コレド室町あたりをぶらぶらしました。

平日のこんなお出かけは、ちょっと申し訳ないような気持ちが抜けない私です。



by mayuminn620 | 2014-05-28 15:47 | お出かけ | Comments(0)

お台場 色模様


日曜日は自由が丘にある「Studio Coomish」の写真教室に行きました。
CooMie♪(くうみぃ)先生は私にとって救世主のような方です。

機械的なものが、絶望的に苦手な私・・・
写真はそこそこ撮れても、ほんの初歩的な基本操作の知識が欠落していたり、応用範囲が狭かったり、
自分でも情けなくなる時があります。

他のカメラの先生方には今更聞けないあんなこと、こんなことを嫌な顔一つせず丁寧に教えてくださいます。
パソコンの得意な先生には、ブログの開設の時もたくさん手伝っていただきました。


18日にお台場で夕景撮影実習がありました。
実はその時は思うような写真が撮れず、23日に自分でもう一度撮り直しに行きました。
今回はその写真の講評です。

e0262257_21291174.jpg
e0262257_21334411.jpg
e0262257_21335961.jpg
やっぱりあまり出来の良い写真ではありませんが、これが今の実力ですね・・・

お台場の光と色の景色も季節によって変わるのでしょうね。
また撮りに行きたいです。



by mayuminn620 | 2014-05-26 21:49 | 写真 | Comments(0)

笑顔


1年間、来る日も来る日も語り合い、協力し合って仕事をした日々。
笑顔の素敵な二人が遊びに来てくれました。

e0262257_21523109.jpg
とっても可愛い方たちなのに、顔をお見せできないのは残念・・・
近況報告&思い出話&仕事の話etc.
おしゃべりは尽きませんでした。


手の込んだお料理を用意できませんでしたが、二人とも喜んで食べてくれました。


e0262257_22034732.jpg


e0262257_22043908.jpg


e0262257_22050692.jpg


初夏の風は本当に気持ちよく、テラスでお茶を飲みました。

e0262257_22052992.jpg


大学生の時に、今は亡き母と一緒に選んで買った、黄色い小花模様のカップ。
実家を処分するときに連れて帰りました。古びて、縁の金は少し剥げてしまっているけれど、私の宝物です。


母と私は性格がずいぶん違いました。
仲が悪いわけではなかったのですが、どちらかというとつかず離れずのさっぱりした関係でした。
一緒に買い物に出かけたりすることがあまりなかったので、このカップを買った時のことは大事な思い出です。


今日来てくれた彼女たちが、ずっと年上の私を受け入れてくれているように、
私も母のことを本当に理解しようとしていたのだろうか?
彼女たちを見送った後、最後の入院前に私が撮った、母の笑顔の写真を手に取りました。




by mayuminn620 | 2014-05-25 23:08 | 料理 | Comments(0)

花のある暮らし

e0262257_00552758.jpg
中学と高校の時、華道の草月流を学んでいました。
一応師範の御免状と看板はあります。
なあ~んにも役に立ったことはありません(笑)

結婚してからはママ友にフラワーアレンジメントの基本を教えてもらったり、雑誌を見たりして、いつも関心はありました。
6年前、BEST FLOWER ARRANGEMENT という雑誌で知った FLOWER&CO.の猪井先生のお教室に通い始めました。
月に2回仕事帰りに、少人数で楽しい会話の中、お花に触れて過ごすのは特別な時間でした。

この教室では花材とテーマは決まっていますが、あとは自分でイメージを膨らませて自由にアレンジしていきます。
先生は適宜アドバイスを下さり、オリジナリティーあふれる?作品を完成させます。
特に私が楽しみにしているのは、年に数回ある、自分で花材を選べるレッスンです。
あらかじめ自分で3種類の花を選び、先生が用意してくださいます。

木曜日はそのレッスンでした。
ウェディングブーケは何度も作ったことがあるのですが、
ガーデンウェディングに合いそうなイメージで「野の花ブーケ」にチャレンジしました。

   ライラック・マトカリア・アストランチア・スプレーばら・スノーボール・ブブレリウム

やはり難しかったです。



伸びたアンジェラの枝を夫が切ってくれました。

ピンクグレーの花器に飾ってみました。

e0262257_01491960.jpg



by mayuminn620 | 2014-05-24 01:55 | フラワーアレンジメント | Comments(0)

薔薇吹雪~


e0262257_23425201.jpg

昨日の雨と今日の雷雨で、バラは一気に散り始めました。
これから夏にかけて、切り戻した枝からまた少しずつ咲いて当分は楽しませてくれますが、
これほど咲き競う姿は、また来年まで待つことになります。

今日は10年以上一緒の職場で仕事をしていて、同時に卒業した友人が遊びに来てくれました。
本当はテラスでランチをしようとセッティングをしていたのですが、
昼前に東の空が急に暗くなったかと思うと突然の雷雨で、あわてて撤収しました。

彼女も私も、夢を追いかけ続ける娘をもっている、という共通点があります。
もちろん心から応援している。
でもそろそろ自立して生きてほしい。

痛む前に切り取ったバラの香りに包まれながら、話の花を咲かせた午後でした。

e0262257_23431752.jpg



by mayuminn620 | 2014-05-23 00:21 | 日々の暮らし | Comments(0)

きっかけ



もう少し満開のバラを楽しみたかったなあ~

激しい雨音を恨めしく感じながら、今日は一日パソコンの前に座り、
今までのたまりにたまった写真のデータの整理をしていました。
カメラに全く興味の無かった私。
数年前まではまさか自分が一眼レフカメラを手にするなんて思いもしませんでした。
(パソコンを含め、機械的なものが大の苦手なもので。。)

きっかけはオーロラです。
一度は見てみたいな――と憧れていました。
今から5年前の冬、思い切ってアラスカに行くことにしました。
どうせ行くならオーロラの写真を撮りたいと思いましたが、デジカメでは難しいらしいということがわかりました。
現在は性能の良いデジカメがあって不可能ではないとのことですが、当時は厳しかったのです。

では何で撮るのか・・・
えっ?一眼レフ?
一眼レフカメラって、何??  そんなレベルでした。

するとなぜか我が家に、夫がほとんど使わなかったカメラがありました。
  キャノンのKiss N
今では倍以上の重いカメラを平気で持ち歩いているのに、当時はその重さにびっくりしました。
無謀にもそのカメラを持ってアラスカへ。

何が何だかわからない私に、旅先で出会ったオジサマ方はとても親切に、手取り足取り教えてくれました。
マニュアルにして、バルブにして、20秒から40秒くらい開けてなどなど・・・
今でこそ何のことだかわかりますが、その時はもう必死でした。

e0262257_20041181.jpg


構図もなっていないし画像も荒く、きれいとは言い難いですが、私にとっては思い出の写真です。

帰国して、せっかく手にしたカメラだから、もう少しだけやってみようと思ったのです。
写真を始めて、世界が広がりました。




by mayuminn620 | 2014-05-21 20:17 | 写真 | Comments(0)

夢のつづき


バラの種類はいろいろありますが、私のお気に入りはセバスチャン・シュナイプ。
蕾の時は清楚なピンクいろをしています。
可愛らしいカップ咲きになり、すっかり開くとほんのり薄くピンクを残しながら、美しい白になります。
e0262257_13580209.jpg
コテージローズも濃い桃色から明るいピンク色に変わっていきます。
イングリッシュローズ系の特徴でしょうか。
一種類の花の群れなのに、濃淡が生まれることによってより華やかになります。

3月まで一緒に仕事をしていた同僚?後輩?たちが、土曜日に我が家に遊びに来てくれる予定です。
年齢は親子ほど離れていても、一緒に考えたり、悩んだり、喜んだり、嘆いたり(笑)・・・
私は彼女たちから若々しい情熱と行動力を学び、
彼女たちは少し人生の先輩の私の言葉に、真摯に耳を傾けてくれました。

バラと同じように、いろいろな人がいて人生は彩られるのかな~なんて思ったりします。

セバスチャン・シュナイプにコテージローズとテッセンの花を添えて、アレンジしてみました。
和の花を加えても、自然のハーモニーが生まれますね。

e0262257_14445859.jpg


by mayuminn620 | 2014-05-20 14:46 | 日々の暮らし | Comments(0)