ブログトップ

Green-House へようこそ

不思議な縁 続き



生花中心とカフェのポンプ小屋を後にして、次は奥様のグリさんが中心となってやっていらっしゃる、ラボのほうへ向かいました。


e0262257_22165460.jpg

e0262257_22164454.jpg

e0262257_22154802.jpg

e0262257_22161867.jpg

e0262257_22160880.jpg

e0262257_22155982.jpg

どこを切り取っても絵になるように、販売する作品や雑貨が飾られていました^^

ラボにはレッスンルームがあって、アートやドライの花材がいっぱいありました。

e0262257_22162503.jpg

e0262257_22163573.jpg

思いがけなく、ずっと前から憧れていた場所に行くことができて、そしてラボではグリさんにお会いすることもできました。
私よりずっとお若い方ですが、向日葵のように明るくて素敵な方でした(^^)v

*****

精一杯頑張っていた研究が思うような成果を得られず、更に1年大学院に残ることになって、心身ともに疲れ切っていた息子・・・

職業柄、ちょっとしたきっかけやつまづきで引きこもったり、立ち直れない子どもたちが大勢いることを知っていました。

いつもは努めてクールに接していた私も、さすがに新幹線に乗って駆け付けました。
母親の私にできることは、良い食材で大好きな料理を作って並べることくらいでした。
「あなたのことを大事に思っている、どんな状況になっても応援している人がいるよ。」と伝えたかったのです。

2年生の春には就職が決まっていた会社は、1年待つと言ってくれました<m(__)m>

VERT DE GRIS のお店の写真を見るたびに、息子と過ごした3日間を思い出します。
しばらく家にこもっていたらしい彼が、「どこか行きたいところないの?」と聞いてくれて、それなら・・・と連れて行ってもらったのです。

3日目の朝、バイクに乗って大学に向かって走り去っていく息子の姿を、5階の窓からそっと見送りました。
せつなくて涙が滲みました。


今春、無事卒業できて、一回りたくましくなり笑顔で戻ってきてくれた時は、心底ほっとしました。
会社は研修、研修で毎日大変そうですが、快活に話す様子を見ているだけで母は嬉しいのです。


by mayuminn620 | 2015-05-19 08:22 | 日々の暮らし | Comments(0)